ニムラ情報通信|広島市安佐南区・安佐北区のリフォーム&増改築はリフォームのニムラ

MENU

0120-152-088受付時間9:00~19:00

見積診断無料!お気軽にお問い合わせ下さい

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

ニムラ情報通信STAFF BLOG

HOME / ニムラ情報通信 / 敷居のタブー!?【広島市 安佐南区 安佐北区】

敷居のタブー!?【広島市 安佐南区 安佐北区】

商品紹介・コラム建具

2021.02.17 (Wed) 更新

みなさんこんにちは!

広島県広島市 リフォーム専門店リフォームのニムラです!

広島市安佐南区と安佐北区を中心に、広島全域に向け、品質保証の安心な工事をご提供致します!

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます!

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

 

◆敷居とは

障子や襖などの引き戸の下枠で、溝が彫られた部材のことです。

上枠の鴨居と対をなし、建具をスライドさせて開閉させます。

最近では滑りが良くなるように、敷居の溝の底には専用のシールテープが張られています。

敷居の溝は鴨居の溝より浅く彫られていて、障子や襖などの戸を鴨居の溝に差し込んでから敷居の溝にハメれば簡単に取り付ける事ができます。このように簡単に脱着できる仕組みを建築の世界では「行って来い」と言います。なんだか面白い言い方ですよね!

 

◆「敷居」の語源と由来

広辞苑では下記のように説明されています。

しきい【敷居】

(古くは「しきみ(閾)」)部屋の境の戸・障子・襖の下にあって、それをあけたてするための溝のついて横木。

しきみ【閾】

門戸の内外の区画を設けるために敷く横木。蹴放(けはなし)。また、戸・障子・襖の下にあって、それをあけたてするための溝のついて横木。しきい。

「敷居」の語源は「閾(しきみ)」です。「閾」は境目を指す言葉で、家の内外の境目を意味します。「しきみ」が「しきい」へ変化し、「敷居」という字が当てられました。
また、一説によると、上部の鴨居の「鴨(かも)」に対し、敷居には「鴫(しぎ)」の字が当てられたという話しもあります。鴨も鴫も水鳥なので、上下で家を火災から守るという願いを込めたということのようです。

↑ カモ           シギ ↓ 

 

◆敷居のタブー

昔からよく言われているしきたりとして、「敷居を踏んではいけない」というのがあります。

みなさんもそのように教えられたことがあるのではないでしょうか?

敷居は、その家の主人あるいはその家の人を象徴しています。そのため、敷居を踏むという事はその家の人を踏みつける行為になるのです。

「名刺を踏んではいけない」というのも同じ理由ですね。

 

しかしながら敷居を踏んではいけない本当の理由は、敷居を何度も踏んで負荷をかけていれば、次第にゆがんで戸の開け閉めに支障を生じるようになるからです。それだけでなく、溝も角が取れて浅くなって戸が外れやすくなってしまいます。

また、敷居は構造的にも水平面を支える重要な箇所なので、家自体のゆがみにも繋がることもあるのです

 

普段生活する上で何気なく踏んでしまっているかもしれない「敷居」・・・。

少しだけ踏まないように注意してみてもいいかもしれませんね!

 

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

◆お問い合わせ先◆

・無料の見積、診断をご希望の方はこちらをクリック

・来店予約をご希望の方はこちらをクリック

ZOOMオンライン相談◆

・ご予約はこちらをクリック

LINE見積相談◆

・ID@988uatlm

YouTube

・チャンネル登録はこちらをクリック

Instagram

・ID『reform_nimura

広島市安佐南区のリフォームはリフォーム&増改築  ニムラ

広島市安佐南区長楽寺1-19-6/長楽寺店
広島市安佐南区大町東3-22-28/大町店

地域密着の安心施工とアフターメンテナンス!!

広島市安佐南区・安佐北区のリフォーム工事は、

リフォームのニムラにお任せください!!

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-152-088受付時間
9:00~19:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-152-088受付時間9:00~19:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • ニムラショールーム