ニムラ情報通信|広島市安佐南区・安佐北区のリフォーム&増改築はリフォームのニムラ

MENU

0120-152-088受付時間9:00~19:00

見積診断無料!お気軽にお問い合わせ下さい

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

ニムラ情報通信STAFF BLOG

HOME / ニムラ情報通信 / 書院で読書してみよう!【広島市 安佐南区 安佐北区】

書院で読書してみよう!【広島市 安佐南区 安佐北区】

商品紹介・コラム内装

2021.01.27 (Wed) 更新

みなさんこんにちは!

広島県広島市 リフォーム専門店リフォームのニムラです!

広島市安佐南区と安佐北区を中心に、広島全域に向け、品質保証の安心な工事をご提供致します!

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます!

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

【書院とは】
床の間の横、屋外に近い側に設けられる出窓の様な設えの座敷飾りのことです。

元々は書物を読み書きするため、作り付けの机として設けらたことから書院と呼ばれています。ですが、後に書院は本来の機能が無くなって床の間や床脇とセットになり、座敷飾りとして発展しました。

【書院の由来】

書院は、書斎を兼ねた客間を中国風に付けた呼び名です。書院を住宅の要としているものは書院造りと呼ばれるようになりました。

僧侶の住宅では元々部屋に置いていた机が作り付けとなり、出窓のような設えへと変化し、それが武家住宅へ取り入れられて、「書院」へと発展します。室町時代の中期以降になると、元々の読み書きをするための機能は失われ、書院造りの様式として確立していきます。

また僧侶の住宅は、他にも「違い棚」「床の間」などのルーツにもなっています。これらのことから、当時の僧侶がかなり影響力を持っていたことがうかがえますね!

 

【書院の種類】

〇付書院

縁側に張り出す形で設けられたものを「付書院」と呼びます。

床の間脇の縁側に張り出した棚で、下を地袋などとし前に明かり障子を立てたものです。また、付書院は「出書院」とも呼ばれます。

 

〇平書院

付書院を略した形式の書院で、床の間脇の縁側の壁に書院窓を設け、付書院のような地袋や棚板がないものを「平書院」と呼びます。安土桃山時代になると、出窓の様な形で縁側に張り出さずに、明かり窓だけを取り付けるようになってきました。また、平書院は「略書院」とも呼ばれます。

 

せっかく「書物を読み書きするための場所」として生まれた書院ですし、

この機会に書院での~んびり読書されてみてもいいかもしれませんね♪(^O^)/

 

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

◆お問い合わせ先◆

・無料の見積、診断をご希望の方はこちらをクリック

・来店予約をご希望の方はこちらをクリック

ZOOMオンライン相談◆

・ご予約はこちらをクリック

LINE見積相談◆

・ID@988uatlm

YouTube

・チャンネル登録はこちらをクリック

Instagram

・ID『reform_nimura

広島市安佐南区のリフォームはリフォーム&増改築  ニムラ

広島市安佐南区長楽寺1-19-6/長楽寺店
広島市安佐南区大町東3-22-28/大町店

地域密着の安心施工とアフターメンテナンス!!

広島市安佐南区・安佐北区のリフォーム工事は、

リフォームのニムラにお任せください!!

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-152-088受付時間
9:00~19:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-152-088受付時間9:00~19:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • ニムラショールーム