ニムラニュース

トイレリフォーム part4

商品情報

2018.08.31

 

 

 

こんにちは

株式会社ニムラ リフォーム&増改築 受付の川地です。

 

 

 

最近は通り雨やいきなり大雨になったりで

大変ですね!

天候がコロコロ変わり体調も崩しやすくなると思いますので

お身体にお気を付け下さいま ( ‘ω’ )

 

 

さてさて

 

 

今日お話しさせて頂く内容は多めにあります(笑)

いくつかに分けてお話しさせて頂きますね!

 

まず初めに

 

 

 

 

湿気対策

 

 

 

 

トイレは他の部屋ににおいが移らない様に出来るだけ密閉された空間にして、

換気扇などで外部に臭気を排出するのが一般的です。

 

常に水があって気密性が高ければ、

湿気がこもってしまうのは当然でしょう。

 

じめじめして夏場は気持ち悪く、カビも一面に発生するので、

におい対策と同じように湿気においても換気が大切です。

 

風通しの良い方角に換気口や窓の設置

なおかつ

採光を得る事が出来ていれば湿気には効果的です。

 

それも難しければ

 

調湿・消臭効果のある壁材で対策する方法もありますが、

どこまで効果が出るのかは定かではありません!

 

 

 

 

 

床の汚れ

 

 

トイレの床を汚すのは主に男性が多く、座って用を足す女性はあまり汚しませんね。

男性が用を足す時でも、

見た目は全く気が付きませんが、便器外のかなりの広範囲に飛び散っているのが確認できます。

 

ご家族であれば、

座って使うように言えますが、来客時は仕方が無いので、

結局こまめに床の掃除をするしかありませんね。

 

また

 

手洗い器と手拭き用のタオル等が離れて設置されていると、

床に水滴を落としますし

タンクの上部の手洗い器は小さくて床を汚さずに上手に洗えません

 

手洗い器の設置と手拭き様のタオル等は、

設置場所にも配慮が必要です!

 

 

 

 

 

トイレの寒さ対策は意外と難しい

 

 

トイレは間取りが狭く温めやすいですが、その代わりに壁に囲まれているので、

壁が冷えるすぐに寒くなります

さらに

窓が付いていれば、壁よりも明らかに断熱効果が小さく、冷えやすくなります

 

トイレが寒い場合、

手っ取り早い対策は小さなヒーターを設置する事です。

最近では

センサー式のヒーターも売られているので、

毎回スイッチを ON/OFF する必要も無く経済的ですし、

消臭機能付きならダブル効果で人気です!

 

ヒーターはリフォーム後に考えれば良く

まずは断熱効果を高めなくてはなりません

複層ガラスの利用や、現在窓があるならリフォーム時は窓を外すことも考え、壁壁の断熱は手抜かりが無いように施します。

 

ただし

 

窓を外した場合は、高性能な換気扇や脱臭機能付き便器を要します。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

今日までトイレのリフォームをされる際のポイントを

いくつかのpartに分けてお話してきましたが

次回のpartで「まとめ」に入ります!(最終章です)

少しでもお客様のタメになれば幸いです ( ^^ )/

 

 

 

少しでも気になった方は、

長楽寺・大町ショールームにお越しくださいませ!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

地域密着の安心施工とアフターサービス!

安佐南区のリフォームなニムラにお任せ!