ニムラニュース

トイレリフォーム part2

商品情報

2018.08.27

 

 

おはようございます

株式会社ニムラ リフォーム&増改築 受付の川地です。

 

 

私事ですが…

 

 

昨日はカレーを食べたのですが、

やっぱり誰かに作ってもらうカレーが

1番美味しいなと改めて感じました (/・ω・)/

 

 

雑談はこの辺にして…

 

 

今回も前回と同様にトイレリフォームについて

お話していきたいと思います!

 

 

今回のお話する内容は

トイレリフォームのポイントについてお話します。

 

来客がある時や自分が他の家に行った時に、

トイレの良し悪しはとても気になります。

 

完全なプライベート空間で、

汚れやすい場所でもあるトイレですが、

 

それだけに

 

綺麗で快適に保つ事は、その家の(その家の人物)の評価にも

繋がるからです。

 

朝のトイレをくつろぎの時間にする人もいるくらいで、

トイレは本当に侮れませんよ!!

 

 

入った瞬間に感じる臭いを最重要課題として、

清潔感の維持を考慮にリフォームしましょう!

 

 

トイレで起こりやすい不具合

臭いが取れない

湿気で内装が傷む

床がどうしても汚れる

寒さが気になる

便器が詰まりやすい

給排水管や止水栓の水漏れ

タンクの水漏れ

 

 

便器やタンク、給排水管などは設備なので、

選定にはかかわっても施工は業者に頼るしかなく、

リフォーム時に自分で考えるとすれば内装の工夫になります

 

 

 

 

脱臭は換気がポイント

 

トイレの臭いが、便器や床など下部から発生するのは、原理的に当然です。

そして、換気扇を設ける場合、

天井や壁の高い位置に取付廃棄するのが一般的です。

 

湿気はドア隙間等から自然にされるか、

ドアの下部にブラインド状の吸気口ガラリと言います)を取り付けて行います。

排気が上部なら湿気は下部にしないと、

両方とも上部では湿気と排気が近すぎる為に

上部だけで換気されるので意味が無いのです!

 

この方法では、下部で発生した臭気を上部に引き上げて廃棄する為、

どうしても人間の鼻の位置を臭気通過することになり、

臭いを感じやすくなります。

理屈としては

臭気が発生する下部で速やかに廃棄する方法が効果的で、

その場合は

上部に吸気口が必要になるでしょう!

 

最近は

 

強力な脱臭機能が付いた高性能のトイレも販売されているので、

例えば

「TOTO ネオレスト」 「LIXIL サティス」 「Panasonic 新型アラウーノ」 …等

臭いを感じない為には、逆に上部の換気扇を回さない方が良いかもしれません。

 

また

 

窓の設置は音が漏れる問題もあり、

上部に取れ付ける事、2つ無ければ空気が循環しにくいことを考えると、

1つの窓で効果的な換気は出来ないと考えましょう!

 

 

 

長くなりましたが、

今回のpartのお話は以上になります!

長くて退屈したかもしれませんが

最後まで読んで頂き ありがとうございます。

 

次回も引き続きお話していきますので!

よろしくお願いいたします ( ^^

 

 

少しでも気になった方は、

長楽寺・大町ショールームにお越しくださいませ!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

地域密着の安心施工とアフターサービス!

安佐南区のリフォームなニムラにお任せ!