ニムラニュース

リフォームするなら照明器具もお忘れなく!!

お知らせ

2019.07.12

こんにちは!

リフォームアドバイザーの柏です!

 

突然ですが、

リフォームで部屋の雰囲気を変えたい…

せっかくならこだわってインテリアをきめたいな…

そんな風に感じる方、いらっしゃらないでしょうか??

そんな方にぜひ見てもらいたいのが照明器具なんです!

特にクロスの貼替等で照明の周辺がきれいになると、すこーし残念な仕上がりになることも…

 

そこで今回は、照明の種類と色、おすすめの付け方などご紹介していきます!

 

◇照明の種類

まずは照明の種類から見ていきましょう!

一口に照明といっても、つける方法の違いや照らし方も様々‥‥(‘Α’)

今回は住宅でよく使われるものを中心に紹介します!

 

①シーリングライト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはリビングなど割と大きめのお部屋に使われる照明です!

お宅につけられている方も多いのではないでしょうか?

ホームセンター等でも購入できるので、一番手軽でシンプルな照明といえますね(‘ω’*)

迷ったらシーリングライトにしておくと間違いはなさそうです!

 

②ペンダントライト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井からコードやチェーンなどで吊り下げられた照明器具です!

ダイニングで使われることも多く、部屋全体というよりも部分的に照らすイメージの強い照明ですね!

シャンデリアなどもペンダントライトの一種ですが、こちらはダイニングよりも

リビングや玄関など大きめの部屋につけるのがおすすめです(^^)♪

 

③ダウンライト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井に埋め込まれた、開口の小さい照明です!

大きな部屋では単独で使用されることは少なく、間接照明などと合わせて使われることの方が多い照明です。

埋め込まれている分、天井がフラットの為すっきりとした印象になりますね!

部屋が広くなったように感じる方も多いようです(o’ω’o)

リビングの補助照明や、廊下などあまり明るさを必要としない場所につけるとよいですね!

 

④スポットライト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部分的に集中して光を当てたい場合などに使われる照明器具で、

シーリングの様に天井に固定するフランジ式と、

レール上で自由に移動できるライティングレール式があります。

壁面に貼ったポスターなどの装飾を目立たせる効果があるので、

ご自宅の自慢の一品を照らしちゃいましょう♪

 

◇照明の色と効果

照明器具の電球の色は3種類。

*電球色

*温白色

*昼光色

があります。

 

*電球色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山吹色のような黄色味を帯びた明かりの照明です。

あたたかい印象になる電球色は、くつろぐ空間におすすめ!

リビングや寝室など、ゆったり過ごすお部屋にぴったりなんです♪

 

*昼白色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱきっとした白色の照明で、勉強したり作業をしたりする部屋にぴったり!

他の照明に比べて明るく見え、太陽の光の下で見る色と同じ見え方になると言われています。

大きさの限られる、トイレや洗面などに使うと少しまぶしく感じられることもありますので、

お部屋の大きさとの兼ね合いを考えることも大切です!

 

*温白色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電球色と昼白色の良いところを合わせた照明になります。

黄色味も強くなく、かといってまぶしくもなく、ちょうど中間の電球といえますね!

迷ったときは、とりあえず温白色にしておくのもいいかもしれません(・ω・´)

 

いかがでしたか?

照明と一言でいっても種類も色も豊富です!

リフォーム後に、ちょっと残念…にならない為にも、照明器具にも目を向けてみてはいかがでしょうかヽ(‘∀’)

お客様のお部屋の印象や、ご希望に合わせてご提案させて頂きます♪

気になった方は是非一度ご相談ください!

 

 

地域密着の安心施工とアフターメンテナンス!!

安佐南区・安佐北区のリフォームならニムラにお任せください!!